有料老人ホームの種類と特徴

介護施設には種類も様々ですが、近年は有料老人ホームや特別養護老人ホーム、グループホームが多い傾向にあります。


中でも充実した老後を過ごすのにオススメなのは、有料老人ホームです。


有料老人ホームには3つの種類があって、健康型・住宅型・介護付と分類されます。

健康型は自立した高齢者が対象となっていて、一人暮らしが不安だとか寂しい、同年代同士でシニアライフを楽しみたい、家事が面倒なんて方々の為の施設です。食事サービスがあって設備も充実していますが、介護施設というよりは高齢者向けマンションのイメージです。

介護が必要になれば退去しなくてはいけないこともあり、あまり日本には馴染みがないので、施設数も少ないです。住宅型は介護が必要な方もそうでない方も対象となりますが、施設に常駐する介護職員はいません。そのため、外部からの介護サービスを受けることになります。
受ける介護サービスを選択できることから、利用者のニーズに応える施設として施設数も急増しています。

All About関連情報を解説します。

介護付は介護が必要な要支援から要介護認定を受けている方が入居対象で、生活介護も身体介護も受けられます。

24時間体制で介護職員が常駐しているので安心ですし、医療ケアや個別ケアもきちんとされている施設が多いです。

介護付き有料老人ホームのサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

基本的に有料老人ホームは初期費用もかかりますし月額費用も高い傾向にあるため、設備が整っている環境で、介護が必要な方でもケアもきちんとしてもらえる快適な老後を過ごすのにピッタリな施設だと言えるでしょう。