有料老人ホームはどのような種類があるのか

住宅型有料老人ホーム、介護付有料老人ホーム、健康型有料老人ホームの3つの種類があります。

住宅型有料老人ホームとは施設と賃貸契約を結んで生活をする施設になります。
食事の提供やレクリエーションが充実しており、生活に困ったことがあれば相談に乗ってくれます。

エキサイトニュース情報をお探しですか。

介護保険を使うことも可能であり、生活の困ったことをサポートしてもらうことが可能です。

ただし、医療体制が整っているのかは施設によって大きく異なります。
医療行為が必要になったり、寝たきりになった場合には退去しなくてはならない場合もあります。


介護付有料老人ホームは、健康な人から寝たきりの人まで施設で暮らし続けることができる施設になります。
そのため、その時その時に応じて職員の対応も変わり、寝たきりの状態になれば手厚い介護を受けることができます。その分、月々に支払う料金や入居金は高くなりがちです。

施設によっては、健康な人は入居することができず要介護、要支援の認定を受けていないといけない場合もあり得ます。

最後の健康型と呼ばれる施設は、健康だけれど家事全般に心配があるという人が利用する施設になります。

家事は職員がほとんど行ってくれるため、自分は好きなことをして暮らし続けることができます。

介護付有料老人ホーム情報サイトをご利用下さい。

施設によってはレクリエーションに力を入れており、スポーツジムやシアタールームを完備していることもあります。



ただし、状態が重くなると施設での対応が難しくなり退去を余儀なくされます。